ニキビに負けない素肌作りをしよう

ニキビは思春期にできるものと思われがちですが、実は、様々な原因によって大人でもできることがあります。
基本的に、思春期にできるものも、大人になってからできるものも、毛穴の入口が詰まってしまうことでできるのが原因です。
特に、皮脂分泌が盛んな部分にできやすく、新陳代謝の低下、成長ホルモンや男性ホルモン、
黄体ホルモンの影響、ストレス、バランスの悪い食事や睡眠不足といった生活習慣の乱れなどの原因によってできます。
まず、肌表面が固くなり、毛穴付近のターンオーバーが正常でなくなると、毛穴内に汚れや角質などが詰まってきます。
また、過剰な刺激を与えると、肌の防御本能が働いて角質が硬くなり皮脂がつまりやすくなることもあります。

ニキビができるメカニズムですが、まず、毛穴の中に角質や皮脂などが溜まると、コメドという白い塊ができます。
この段階では、まだ周辺の皮膚は炎症を起こしておらず、表面が少し盛り上がっていたり、少し固さがある程度です。
もう少し症状が進むと、毛穴内部の皮脂が毛穴を広げて外に出てきます。皮脂に汚れがついたり、皮脂が酸化すると、毛穴の先端が黒っぽくなります。
この段階ではまだ炎症を起こしていないので、コメドだけ上手く取り除くことができればキレイに治ることがあります。
自分で行うと炎症したり、痕になってしまう可能性があるので、皮膚科で処置してもらうとよいでしょう。

白ニキビや黒ニキビを放置すると、毛穴内部や周辺の皮膚に炎症が起こります。
これが赤ニキビで、この段階まで進むと抗生物質を使用した治療をしなければなりません。
詰まった毛穴内で皮脂を栄養源にして、アクネ菌が繁殖することで炎症がおきますが、アクネ菌は毛穴に常に居る菌で、人間であればほぼ100%住みついている菌です。
通常は、肌表面のバランスを正常に保つ役割をしていますが、皮脂と組み合わさることで炎症を引き起こしてしまいます。
炎症が起こると、炎症が治った後に肌に色素沈着やクレーターなどの痕が残る可能性が出てきますので、むやみにつぶしたり、刺激するのはやめましょう。
炎症がさらに強くなると、膿を持ちます。この段階になると炎症が治まっても、色素沈着やクレーター状の痕が残る可能性が非常に高くなります。

ニキビは、炎症が酷くなってしまうと、治療をするのが大変になるため、できるだけ早い段階で治療することで痕にならずにキレイに治すことができる可能性が高くなります。
皮膚科では保険適用の治療も行われているので、専門医に相談してみるとよいでしょう。 また、普段お使いの洗顔や化粧水など、スキンケアをしっかりと見直す事も非常に重要となってきます。
お肌に合う物を継続して使用すれば、ニキビの治り具合が良くなったり、逆に合わない物だとニキビが酷くなったり、かなりの影響が出てきます。
自分の肌の癖やタイプを見極めて、ゆっくりと改善していく事をオススメします。
お悩み別の洗顔石鹸ランキングを参考に、しっかりと選んでみましょう。